707_02
707_03
しかし笑った顔も怖めだった。

かなり昔に勤めてた手芸屋での話なんですが、
何もしてないのにインネンを付けられる事もゼロではなかったので
この時も何かしらのクレームを言われたり無理難題を言われるのかと身構えたんですけど
ただお守りを作りたいだけの大工の兄さんでした。
彼は棟梁になったばかりで、部下の人達の健康の為に自分でお守りを作りたかったそうです。
しかし、袋の作り方を何回説明しても分からなかったらしく
図に書いて説明したものの、やや不安げな表情を浮かべて帰って行ったので
なんとなく無理かなぁと思ってたのですが
数週間後ちゃんと作れた報告をしに来てくれました。

手芸屋をやめてもう十年は経ったのですが
こういう「教えてもらったおかげで作れたよ~」って報告しに来てくれた人達の事は
なんか忘れられないですね。
(他にも裁縫経験なしだけど頑張って入園グッズを作ってたお母さんとかも居た)

他にも孫の為に闇ファミリアを作っていたおばあちゃんとか
無縁仏に帽子と首掛けを編みたいけど何色にするか2時間以上相談しにくる女性とか
差し入れに手作りのカキフライをくれるおじいさんとか
普通の接客と違って客層が個性的だったので手芸屋の仕事は面白かったです。
(結局給料が安すぎて辞めたけど…)

※因みに手芸屋店員が皆作り方を丁寧に教えてくれる訳ではないのでご注意を!

▼ブログ村ランキングに参加してます
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 猫ブログへ
▼最新のブログ更新情報が届きます!
p_dokusyap_twi2
▼LINEスタンプ
p_LINE
▼ココナラ
p_kokonara